ザイザル(クロブレス)関連記事

クレブロス(ザイザル)の飲み方は?

nomikata

クレブロス(ザイザル)は花粉症やアレルギー性鼻炎におすすめの薬ですが、飲み方を間違えたり、たくさん飲んでしまうと効果が現れなかったり副作用が出やすくなってしまいます。

効果を最大限に発揮させるためにも、きちんと飲み方を守る必要があるのです。

今回は、クレブロス(ザイザル)の正しい飲み方についてご紹介したいと思います。

クレブロスの飲み方は?

クレブロスの正しい飲み方を確認するには、薬の説明書とも言われている添付文書を確認するのが一番です。

それでは、さっそくクレブロスの用法・用量を確認してみましょう。

クレブロスの用法・用量は?

添付文書には、以下の通り記載されています。

〔成人〕
通常、成人にはレボセチリジン塩酸塩として 1 回 5 mgを 1
日 1 回、就寝前に経口投与する。なお、年齢、症状により
適宜増減するが、最高投与量は 1 日10mgとする。
〔小児〕
通常、 7 歳以上15歳未満の小児にはレボセチリジン塩酸塩
として 1 回2.5mgを 1 日 2 回、朝食後及び就寝前に経口投
与する。

みてもらえば分かりますが、成人と小児で飲む量も飲む回数も異なっています。

大人は通常であれば1日1回5mgを服用しますが、効果がなかったりした場合は最大で10mgまで薬の量を増やすことが出来ます。

また、飲むタイミングも決められており、寝る前に服用するのが正しい飲み方となります。

子供の飲み方は?

大人とは違い、子供の場合は飲む量や飲み方も異なっているため注意が必要です。

ちなみに、小児というのは7歳~15歳までのことで、7歳未満の子供は服用することが出来ません。

小児は1回の飲む量が2.5mgとなっており、飲む回数も1日2回に分けて服用することとされています。

飲むタイミングは、朝ご飯を食べた後と夜寝る前です。

クレブロスを飲み忘れた場合はどうすれば良い?

それでは、本来クレブロスを飲む時間に飲むのを忘れてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

その場合は、飲み忘れたことに気がづいたときに出来るだけ早く飲むようにしましょう。

ただし、次に飲む時間が迫っている場合は、飲み忘れた分は飲まないほうが良いと言われています。

飲み忘れた日の分と合わせて2回分を飲むことはやめておきましょう。

最後に

クレブロスの飲み方をご紹介しました。

薬は正しく飲むことが最も重要なポイントになります。

間違った飲み方をすると副作用が出やすくなったりするので、必ず用法・用量を守るようにしましょう。